ICDDについて

International Centre for Diffraction Data® (ICDD®、国際回析データセンター) は結晶性の物質および材料の同定に用いられる粉末回折データを収集、編集、公開、配布することを目的とする非営利科学組織です。ICDDのメンバーは世界中の学会、政府および産業界からの代表で構成されています。 

私たちのビジョン - International Centre for Diffraction Data (ICDD:国際回折データセンター) は、将来の材料解析に必要なツールを開発し、教育の支援を行い続けます。

私たちのミッション - International Centre for Diffraction Data (ICDD) は、技術界のニーズに応える高品質な回折および関連データを提供する世界的なセンターとなることを目指します。ICDD は、アイデアや情報を交換するためのフォーラムを提供することで、科学技術における材料特性評価方法の利用を促進します。

ICDDの略史
20世紀初頭に最初の粉末X線回折法が開発された後、既知の結晶相からの回折パターンを世界的に収集する必要性が明らかになりました。1930年代後半にダウ社の研究者によって相分析を目的とした粉末データの長期保存と使用に関する2つの画期的な論文が発表され、それにともなって 1941年に「粉末回折法による化学分析のための合同委員会」が設立されました。 委員会は粉末X線回折データの一次標準を作成し、これは Powder Diffraction File™ (PDF®、粉末回折ファイル) として知られるようになりました。この活動は、当初米国試験材料協会(ASTM)の委員会E-4によって支持され、引き続く20年間の間に他の協会からも支持を受けるようになり、1969年に「粉末回折標準に関する合同委員会」(JCPDS)の設立として結実しました。JCPDSはPDF管理の任務を持続するために、法人組織になりました。1978年に、この科学的な取り組みへの国際的な参加を強調するため、組織名がInternational Centre for Diffraction Dataに変更されました。

ICDD組織
全世界からの約300人の科学者が ICDD のアクティブ・メンバーとなっており、ICDD の理事および委員会、小委員会はこのアクティブ・メンバーから構成されています。メンバーはボランティアであり、粉末X線回折あるいは関連分野の発展のために熱心に取り組んでいます。ICDDのメンバーは、教育機関、政府機関、産業界など、様々な組織に所属している科学者です。メンバーの年次総会では、研究者コミュニティーに関するアイデアや情報を交換し、ICDDの組織としての方針および手続きをまとめ、計画し、見直すためのフォーラムが提供されています。ペンシルバニア州ニュータウンスクエアの本部にいる有給の科学・管理スタッフはICDDが提供する様々なデータベースの作成と販売を担当しています。

Ludo Frevel Crystallography Award - brochure (.pdf)
International Centre for Diffraction Data (ICDD) は、結晶学に関連した分野の有望な大学院生の研究を支援するために、結晶学奨学金基金を設立しました。この奨学金は現在、Ludo Frevel 結晶学奨学基金として知られています。この名前は、X 線回折学のパイオニアで当基金の創設者である Ludo Frevel 博士の功績を称えて名付けられています。ICDD は結晶学関連の研究のために提案される奨学金は有益な学術的影響があると確信していることから、このプログラムをサポートするために民間の産業界から寄付を募っています。ICDD は 1991年から現在までに 191 の奨学金を授与し、その額は総計 454,750 ドルに上ります。詳細は Stephanie Jennings (sjennings@icdd.com) までお問い合わせください。

Powder Diffraction File ™
Powder Diffraction File™ (PDF®) は、特徴的な面間隔と対応する相対強度を、文献や物理的・結晶学的特性と共に表形式で示した、単相の粉末X線回折パターンのデータ集です。そのようなファイルの作成、維持、および普及はICDDとその前身の組織の設立の第一の目的でした。

世界中の回折利用者の個々のニーズに応えるために、Powder Diffraction File™は様々なメディア-書籍、CD、およびDVD-で利用可能です。PDFには、鉱物、金属および合金、あるいは鑑識物質などのデータを含む様々なサブファイルがあります。また、教室で使用するための教育用パッケージもあります。ユーザーは、印刷された指数やコンピューターソフトウェアの使用を含む様々な方法で、実験で得られたデータをPDFファイルのデータと照合することができます。

PDF ®のデータ収集
Powder Diffraction File™で公開されるデータは、個々の科学者や団体の研究室からの投稿、文献調査、および助成プログラムにより収集されます。およそ200の主要科学雑誌について手作業で粉末回折データが検索されており、何千もの科学雑誌がキーワード検索によって検索されています。それに加えて、特許および博士論文、その他の公開文献についても、様々なオンラインデータベースと検索技術を利用した文献調査が行われています。Powder Diffraction Fileは、130万を超える参考文献を引用しています。

また、国際的なデータベース組織との歴史的な一連の協定によってもデータが取得されています。これには、米国商務省標準技術局(NIST)、ドイツ専門情報センター(FIZ)、ケンブリッジ結晶学データセンター(CCDC)、およびマテリアルフェーズデータシステム(MPDS)が含まれます。

PDF品質評価
すべてのデータは、編集スタッフによって審査され、評価されます。各パターンは PDF に収録される前に4段階の編集審査過程を通過しなければなりません。また、技術の進歩にともなって、標準パターンデータに要求される品質もより厳しくなります。その結果として、PDFに含まれる情報は絶え間なく見直され、精度と品質に関して常にアップグレードされ続けています。