クリニックと教育

歴史
ICDDのX線クリニックは25年間オルバニーのニューヨーク州立大学で開催されていたSUNYクリニックを継続したものです。1990年に、International Centre for Diffraction Data(ICDD)はこれらのクリニックに対し責任を負いました。ICDDはPowder Diffraction File(PDF)とジャーナルPowder Diffractionを発行する非営利的、科学的組織です。ICDDはICDDクリニックなどの教育プログラムを提供することによって科学・技術における、材料特性評価方法の応用を促進することに熱心に取り組んでいます。

ICDDクリニックを選ぶ理由は?
XRFとXRDクリニックの目的は、X線蛍光分光法と粉末X線回折法の理論的知識と実際の応用を結合することです。各クリニックはその分野の実用知識に関する全1週間のコースです。クリニックのインストラクターは、理論と実践において最高のものを提供できるように、その分野に広い経験を持つ人物で、学界と産業界の両方から慎重に選ばれます。実際の応用、実地体験、集中的な個人的指導に焦点を合わせていることが、ICDDクリニックが他のクリニックと違う点です。お客様のトレーニングのニーズに応えるため、各クリニックは専門的技術の分野を代表するインストラクターのチームを利用します。 

出席すべき人は?

  • 結果を改善したいと思っている研究者
  • 現在、XRFまたはXRDのプログラムまたはカリキュラムを開発している学界
  • XRFまたはXRDの理論的および実際的な応用のどちらかで知識を得たいと思っている大学院生
  • 分析技能を磨こうとしているXRFおよびXRD分野の専門家
  • XRFまたはXRD分野に従事する同輩たちと経験、知識、および考えを共有したいと思っている人々
  • 私たちの専門家チームと議論したいと思っている、質問を持っている人々

場所
ICDDのX線クリニックはペンシルバニア州ニュータウンスクエアのICDD本部で毎年開催されています。XRFクリニックは4月の下旬/5月の初旬に通常開催され、一方、XRDクリニックは6月初旬に開催されます。今年度のクリニックに関する情報については、ICDDクリニックホームページをご覧ください

講習会
過去のイベントの出席者の要望で、ICDDは2つの新しい3日間の専門的な講習会を年に一度の教育的な科目として加えました。これらの講習会は秋にICDD本部で開催されます。リートベルト法とインデクシング、およびXRFに関する講習会。 
現在の情報に関しては http://www.icdd.com/education/workshops.htm をご覧ください。

各地での教育機会について
X線クリニックに加えて、ICDDは教育を受ける機会を世界中で提供しています。Powder Diffraction Fileの開発と使用、結晶相同定、定量分析、およびデータマイニングに焦点を当てた講習会が、しばしば主要なX線分析会議と一緒に開催されます。例えば、ICDDは、通常、これらの主要なイベントで講習会を行います。

  • EPDIC: European Powder Diffraction Conference (ヨーロッパ)
  • SARX: Latin American Seminar of Analysis by X-ray Techniques (ラテンアメリカ)
  • BCA: British Crystallographic Association – Spring Meeting (英国)
  • The National Crystal Chemical Conference (ロシア)
  • The Chinese National Conference on X-ray Diffraction (中国)
  • AXAA: Australian X-ray Analytical Association (オーストラリア)
  • International Conference on Crystal Chemistry of Intermetallic Compounds (ウクライナ)
  • DXC: Denver X-ray Conference (アメリカ合衆国)
  • International Workshop “High Temperature Superconductors and Novel Inorganic Materials Engineering” (ロシア)
  • PPXRD: Pharmaceutical Powder X-ray Diffraction Symposium (ヨーロッパ/アジア/アメリカ合衆国)

薬剤に興味を持つ科学者のために、ICDDはPPXRDとタイトルがついているシンポジウムを毎年主催しています: Pharmaceutical Powder X-ray Diffraction Symposium。このイベントはヨーロッパ、アジアおよびアメリカ合衆国の開催地で交互に開催されます。シンポジウムのプログラムはオプションの1日の講習会とその後の2日半の技術的セッションから構成されます。トピックには以下が含まれます:XRPDの構造技術(XRPDデータ、インデキシング、構造決定、およびリートベルト法のデータ収集と使用法); 製薬上の問題に対しシンクロトロンソースを使用した粉末回折; 補足的な技術(DSC、TGA、高温微鏡法、FTIR、ラマン、NMR、SEM、AFM、光学顕微鏡法、XRF、SAXS); 配合、製品開発、ドラッグデリバリー、多形、および塩類のスクリーニング; 特許と規制の問題; 製薬研究開発におけるXRDの新分野の開拓。

最新の情報に関しては、PPXRDホームページをご覧ください。