PDF-4

pdf-4

PDF-4 製品ライン
データベースのPDF-4製品ラインは年一度のライセンス更新により時間的にロックされています。これらのデータベースは他のデータベース組織との歴史的な共同研究活動を通して開発されています。PDF-4+とPDF-4/鉱物だけが、Linus Pauling File(LPF)からデータ計算、標準化されたデータを含んでいます。PDF-4/有機物のみが、Cambridge Structural Database (CSD)からデータ計算、標準化されたデータを含んでいます。

すべてのPDF-4製品が、さらにお得な新しい統合データマイニングソフトウェア、を含んでいます。このソフトウェアは、116の異なるデータフィールドの選択をカスタム表示し、データベースのコンテンツをフィルターにかける65の異なる検索方法を使用することで、より一層の表示、検索およびデータフィルタリング機能を提供します。Java™ポイントアンドクリックインターフェースを使用し、様々な検索方法とフィールド選択を組み合わせて、ほぼ無限に近いデータマイニングオプションを生むことが可能です。また、完全なデジタル回折パターンディスプレイ技術と内蔵の状況依存の、インデックス付きヘルプマニュアルもPDF-4製品で標準装備されています。PDF-4製品と互換性のある検索/一致ソフトウェアについては、ソフトウェア販売業者に問い合わせる必要があります。

PDF-4+ のハイライト - purchase
PDF-4+は、結晶と粉末からの無機回折データの世界的に最も大きいソースを単一のデータベースに結合する高度なデータベースです。結果は未知の物質を特定するために素早く検索できる標準化されたフォーマットで作成された無機材料の総合的なコレクションです。

本データベースはデジタルパターン、分子グラフィックス、および原子パラメータなどの多数の機能を含んでいます。3つの方法のどれかによって定量分析を行う能力を高めるために、多くの新機能がPDF-4+に組み込まれています:リートベルト解析、参照強度比(RIR)法、または全パターンフィッティング。PDF-4+2015には364,877の登録があり、PDF-4/鉱物2015には42,852の登録があります。

PDF-4+は、これらの分析に必要な主要参考データを提供することによって自動定量分析をサポートするように設計されています。全パターンフィッティングを実行する機能を有効にし、タイプまたはソースにかかわらず、デジタルパターンとしてあらゆるパターンを表示することができます。必要なデータと情報のソースにより、3つの異なるアルゴリズムが表示の計算に使用されます。PDF-4+は、自動的に表示目的のための適切なアルゴリズムを選び、次に、ユーザーがローカルな状況に基づいて表示を変えることを可能にします。ユーザーは、デジタル表示に、結晶子サイズを含む、様々な一般的な手段になっているパラメータ、光学的構成、および実験パラメータを適用することができます。

PDF-4+は単結晶研究、または実験的に導かれたもののどちらかから計算された参照強度比(I/I c)のある268,838の登録を含んでいます。RIR分析では、すべての結晶相が特定される必要があり、各相は既知のRIR値を持つ必要があります。RIR値のある多くの登録で、定量分析の参照強度計算が頻繁に使用できます。

251,640の登録に含まれている、LPF、ICDD、NISTソースからの原子座標パラメータは、散乱、および回折物理学に基づいて、いくつかの計算を可能にします。リートベルト技術では定量分析と構造決定に原子パラメータを使用することができます。電子線回折、種々の波長でのX線回折、および中性子回折パターンについて第一原理から計算することができるように、PDF-4+データベースにはいくつかの散乱因子の表が組み込まれています。

PDF-4+は迅速な材料識別を可能にする、より多くのデータとデータタイプを含んでいます。PDF-4+は、これらの分析に必要な主要参考データを提供することによって自動定量分析をサポートするように設計されています。全パターンフィッティングを実行する機能を有効にし、タイプまたはソースにかかわらず、デジタルパターンとしてあらゆるパターンを表示することができます。私たちは、I/Icと原子座標を含んだより多くのデータを追加することによって、識別と定量に関して向上し続けています。Java™ インタフェースは、速度、便利さを改良し、デジタルパターンとデータマイニングのいくつかの新しい表示機能を可能にしました。

PDF-4 サポートソフトウェアを参照してください。
PDF-4/有機物のハイライト - purchase
PDF-4/有機物2016、有機物の世界的に最大の粉末X線回折データベースは、501,964の登録を含んでいます。本製品は、PDF-4製品群に含まれるすべての表示ソフトウェアとデータマイニング機能を含んでいます。本データベースは、Cambridge Structural Database (CSD) から計算された活性薬剤化合物を、ICDDのPowder Diffraction Fileの高分子(澱粉およびセルロースを含む)、医薬品添加物、および製薬品と組み合わせた実用的な結果指向の製品です。

本データベースは製薬および特殊化学産業を対象とした迅速な材料識別用に設計されています。設計では、回折装置と世界のX線機器の世界有数のソフトウェア開発者とメーカーのデータ分析システムと容易に接続できるように考慮されています。データベースは消費財、触媒作用、法医学、分析研究室、創薬、および生産に従事する科学者に役立ちます。

PDF-4/鉱物のハイライト- purchase
データベースの内容は、Fleischer's Glossary of Mineral Speciesと国際鉱物学協会によって定義されているように42,852を超える鉱物および鉱物関連登録を含み、分類されている全鉱物種のうちの97%を超える鉱物種をカバーします。これらの分類されている鉱物種に加え、データベースは、まだ分類されていない鉱物、合成物、中間層および固溶体による変種を含みます。一般的な鉱物の多くが温度と圧力シリーズを通して特性評価されました。全体的に見て、これは、4つの異なるデータベースソースからのデータを含む大規模なデータベースとなります。

データは毎年鉱物学者のタスクグループによってピアレビューされます。このタスクグループは、識別と分析によってユーザーを補助するために、鉱物群、超群、分類、および原型構造タイプを指定します。およそ1,000の鉱物登録がLPF、ICDD、およびNISTデータベースから加えられました。これらの登録はPDF-4+製品に関する文書で説明されるように原子座標、パターンシミュレーション、および分子グラフィックスを含んでいます。